家全体を守るために、至る所に防水工事を!

断熱を兼ねた防水工事

防水工事を依頼する際に

雨漏り修理をするために防水工事を行ないたいです。業者に断熱工法についても勧められましたが、どのような効果があるのでしょうか?
その断熱工法という施工法は、屋上と防水塗料の膜の間に、断熱効果のある層を作る施工です。断熱工法によって、室内の結露の発生を防ぎ、湿度を上げないような仕組みになっています。結露は外と室内の温度差で発生するため、その温度差を失くさないと防げません。

屋根の耐久性を高める外断熱工法

断熱工法を行なう際、断熱材というアイテムを使います。この断熱材は基本的に内側で使用しますが、外に設置して施工するやり方があります。それを外断熱工法と言います。外側に設置するため、室内と外との温度差を失くし結露を予防できるというメリットが得られます。また、太陽の熱から屋根を保護できるので、屋根自体の耐久性を高めることもできます。温度差がなければ室温は一定となるので、冷暖房の効きを良くでき、電気代の節約にも繋がります。

こんな場所にも防水を

防水工事は雨漏りをなくすために行なうので、屋上で施工するというイメージがあります。実際には屋根以外にも、いくつもあるのです。ここでは、どのような所に防水工事を行なっているのか例を紹介します。

ウッドデッキ
ウッドデッキがある家では、雨による劣化を防ぐためにウッドデッキに防水工事を行なう人がいます。木材と同じ塗料を使用すれば、保護だけでなく木材の見栄えを良くできます。経年劣化している場合は、防水塗料を塗った後に色付きの塗料を塗ることで最初の頃と同じ見た目になります。
玄関
雨が降った時に、玄関が雨水を吸ってしまうことがあります。玄関で使用している木材などが傷んでしまい、それにより扉の開閉が難しくなる恐れがあります。また、玄関は人の出入りが多く、傷んでしまうと木材が沈む可能性もあります。早めに防水工事をしておけば、玄関の木材の修理や交換を行なう必要はありません。

TOPボタン