防水工事のプロがよく使う防水塗料の特徴

ウレタンとFRP、双方の比較

塗装用の筆

雨漏りの再発を防ぐ防水工事では、様々な塗料が使われています。その中でも、業者は特にウレタン塗料とFRP塗料の2種類を使用しています。ここではその2種類の塗料について紹介しています。どのような特徴があるのか見てみましょう。

ウレタン塗料
ウレタン塗料には、下地に馴染みやすく防水に適した膜を作れるという特徴があります。下地に塗ることにより、防水の層を形成することができます。下地として塗布した後に、その上から高性能のウレタンを塗ることによって、層を厚くできるのです。経年劣化のせいで膜に亀裂が入りますが、これは重ね塗りをすることで解決できます。作業自体は簡単で、短期間で工事が終わるので費用は安くなります。
FRP塗料
FRP塗料はガラス繊維強化プラスチックを応用していて、塗布すると強度の高い膜ができます。この塗料は防水以外にも耐食、耐候性に優れており、屋根の耐久性を高められるという特徴があります。塗布してすぐに硬化し、最短だと1日で施工を終えられます。様々な形の屋根に使用でき、防水層は継ぎ目がないのでキレイな仕上がりになります。

工法に注意する

防水塗料を使用する工法の中には、雨漏りをしている住宅に適さない工法があります。それは密着工法という工法です。この施工法は、雨漏り修理せずに行なうと防水層が破断する可能性があるからです。破断しては、防水できずに家の中に雨水が入り込んでしまいます。逆に雨漏りに最適な施工として、通気緩衝工法という施工があります。ですが、この施工は専門業者でないと行なえません。また住宅によって合わない塗料もあるため、同じ塗料だけを使用する業者は危険です。専門業者に全て任せるのではなく、工法の内容にも注目しないといけません。

TOPボタン