雨漏り修理だけでなく防水塗料を使った工事も

素人には難しい~技術を要する雨漏り修理~

雨漏り修理は専門家でも手こずる

修理

屋上から雨漏りしていたら、すぐに雨漏り修理業者に依頼して、屋上に防水工事を施工してもらわないといけません。ですが、屋根の工事は難しく被害が再発する可能性があります。屋上のどこから雨漏りしているのか特定するのは、素人が簡単にできることではありません。雨漏り修理の知識が豊富な専門家でも、時間をかけてしまうことがあるくらいです。

プロを紹介してもらおう

雨漏り修理は、手際よく堅実な修理を行なう修理業者に依頼しましょう。日本住宅工事管理協会という所に相談すれば、雨漏り修理を得意としており、また評判の良い業者を紹介してもらえます。被害をなくすためには、このようなサービスを利用することが大切です。

雨漏りによる被害例

作業員

雨漏りが起きていることが分かっていたら、すぐに修理を行なうようにしましょう。雨漏りを軽く見ている人が多いですが、放置すると住宅に様々な被害が起きてしまいます。雨漏り修理をしないと、次のような被害が起きてしまいます。

シミやカビの発生
雨漏りによる被害の1つに、シミとカビの発生があります。シミは室内の見た目が悪くなり、壁紙に発生すると壁紙の粘着力が弱くなって剥がれてしまいます。カビが発生すると見た目が悪くなるだけでなく、室内のホコリなどを食べてどんどん成長していく可能性もあります。またダニはカビを食べるため、ダニの増殖を促すことにも繋がるのです。ダニの増殖が原因でアレルギー反応を引き起こし、アトピー性皮膚炎や喘息などの健康被害に繋がる恐れもあります。
住宅基礎への影響
カビの発生は人体だけでなく、住宅にも被害が及びます。カビが発生すると、木材腐朽菌という菌も発生します。この菌は木材を腐敗させてしまい、住宅の基礎の木材に甚大な被害をもたらします。木材腐朽菌には2種類あり、1つは木材内部に浸食して亀裂が入る褐色腐朽菌、そしてもう1つは豆と同じサイズの穴を空ける白色腐朽菌というものです。
漏電などによる火災の恐れ
雨が室内に入ることによる影響で一番恐ろしいのはブレーカーやコンセントが濡れて起きる漏電です。水で電化製品が使用できないということ以外に、漏電が原因で火災に繋がる恐れがあります。電気だけで被害が起きることはありませんが、雨漏りによって燃えやすいものに電気が通る可能性があります。家電の買い替えで済めばいいですが、火事で家が全焼することも十分あり得ます。

雨漏りが原因で起こる被害には、このように命に危険が及ぶようなものがあるので、十分な注意が必要です。被害が大きくなる前に、早めに雨漏り修理を依頼しないといけません。

再発を防ぐために雨漏り修理の後に行なうべきこと

雨漏り修理をやってもらって安心しています。ちょっと気になったのですが、修理後に行なうべきことってありますか?
屋根の修理が終わったからといって安心はできません。直した箇所も時間が経てば、劣化してしまいまた同じことが起きる可能性が高いです。再発防止のためには、防水塗料を塗布する防水工事を行ないます。防水塗料とは、名前の通り塗布した箇所に防水効果を与えられる塗料のことです。水を防ぐことによって、屋根自体の劣化を防ぎ再発しないようにできます。

このように、雨漏り修理後にも、再発を防ぐために出来ることはあります。また業者が行なう防水工事や、工事で使用する防水塗料はそれぞれ異なります。費用や効果については、業者に確認して自身の希望する内容に見合ったものを選択するようにしましょう。

TOPボタン